雪の日の過ごし方

2018年3月25日

関東で桜の開花宣言をされてから数日後、本日の東京は雪です!そして寒い!散歩前の練習を休日に行おうと思ったのですが、喜右衛門は寒いのかなかなかベッドから出てこず、引きこもっているようです。

寒い日はホットカーペットが好き

そんな引きこもりデーな喜右衛門がのそのそとハウスから出てきて向かう場所は、ホットカーペットの上です。

「あったかいとこで紐遊び楽しいガウよ」

自宅の居間のホットカーペットの上がお好きの様子。中でも犬の習性的にテーブル下で紐でガウガウするのが大のお気に入りです。

ちょっと一緒に中に入って遊んでみようと思ったところ・・・

「紐が口から外れたガウガウ!おい何写真撮っててんだよ!この紐を俺様の口に戻せ!」

と言われているかのような訴えと動きをしていました。

犬用玩具は基本は手作り

「手作り」というほどのものではないのですが、最初の頃は市販されている犬用のボールやロープ付きの人形、そして噛み噛みボーンを与えていたのですが、どれもすぐに飽きてしまいました。

噛み噛みを人の手足はしてはいけないことを覚えさせるためには噛み噛み玩具が必要ですが、彼の普段の行動を見ていると、「我が家の家の匂いが染み付いているものや場所によく居る」ことが分かり、家にあるアイテムをちょっとだけアレンジしたものを噛み噛み玩具として与えています。

彼が気に入っているのは、タオルと靴下とパーカー用の紐です。最初はあまり興味がなかったのですが、市販されているロープの用に固結びをしたらやたらと食いつくようになりました。理由はよく分かりません・・・。

噛み過ぎてボロボロになったら別のもので結んで作ればいいので、コスパも良しです。

ブリーダーさんから譲りうける前に「仔犬の時期は噛み癖で誰もが悩んでしまうことが多い」と聞き、それなりの覚悟はしていましたが、「噛むことをやめさせる方法を考える」のではなく、「噛んでいいものと噛んではいけないもの」を覚えさせることで、犬のストレスもなくなるのではないかなと最近は感じています。

たまーに100円ショップでゲットした犬用のおもちゃも与えていますが、それよりもこの4点がお気に入りの様子なので、しばらく手作りおもちゃで遊んで楽しんでもらおうと思います!