やってもやっても抜ける犬の換毛期

2018年4月4日

ここまでゴッソリ取れるの!?換毛期

右半分だけの量

先日、初めての換毛期のお話をしました。

あれから春真っ盛りな陽気が続いている東京ですが、気温が上がれば上がるほど喜右衛門の抜け毛の収穫が増えていきます。

飼い主の私はだんだん慣れてきて、ピンブラシやスリッカーを使用している時に手首のスナップをきかせてリズミカルにブラッシングできるようになりました。

柴犬の飼い主の皆様からは「まだまだこんなもんじゃないよ!」なのは分かっているのですが、子犬でもここまで抜けるのかと驚きです。

ですが、ブラッシングの時間は喜右衛門と良いスキンシップになっていればいいかなと思いながらやっているので、ちょっと楽しいです。

 

掃除機とコロコロが手放せない日々

換毛期が始まって以来、掃除機とコロコロがフル稼働状態になっています。特に気がつけばコロコロを手に持ち、喜右衛門もコロコロで体をコロコロされることをせがむので手放せないアイテムになっています。

我が家はキャンドゥのコロコロ

いろいろなメーカーのコロコロを試してみたのですが、こちらの吸着力が抜群だったので愛用しています。ところでふと思ったことがあるのですが、犬猫を飼っているご自宅のコロコロの年間消費量ってどのぐらいなんでしょう。

 

換毛期以降の食欲がすごい

先月あたりからうっすら感じていたのですが、喜右衛門の食欲が急にすごくなり、”子犬だし、成長期だからなぁ”と思っていたのですが、本格的な換毛期に入ったであろう先週あたりからの食欲がさらに増えています。

一番すごかったのはしつけトレーニング中に、ご褒美ケースの蓋を開けっ放しにしていたら、飼い主の隙をついてケースの中のご褒美を全て平らげてしまうことが数回。

換毛期だからといって食事量は増やしていないのですが、喜右衛門の大好物であるビーフを多めに入れてあげています。

 

犬毛フェルトができるって本当!?

Twitterやインスタを巡回してると、毎日大量に出る抜け毛をアクセサリーにしている柴犬の飼い主の方が多いようなのですが、なかなか良いアイデアだなと思い、それ以外の抜け毛の再利用ってないのかなと思って調べてみたら、抜け毛で犬毛フェルトができることを初めて知りました!

羊毛フェルトで作った柴犬の作品は見たことあるのですが、犬毛も一緒に使用してミニチュアの愛犬を作るという発想は思いつきませんでした。愛犬家からしたら1度は作ってみたいものかも!

[amazonjs asin=”4766213440″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”犬毛フェルトの本 (ハンドクラフトシリーズ)”]

喜右衛門が来てからは毎日が新しい発見だらけで生活が大きく変わったり、意識も少しずつ変わってきているのですが、犬との生活ってやっぱ楽しいなと改めて感じています。

喜右衛門を応援してくださる方は↓のクリックをお願いいたします! 
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ