犬と生活をし始めて変化したこと

柴犬子犬を我が家に迎えて2ヶ月が経過

本日で喜右衛門が我が家に来てからちょうど2ヶ月が経過しました。

我が家に来た初日はこんな感じ

カメラを意識した表情やポーズをするようになった現在

まだまだたったの2ヶ月ですが、約2年ほど我が家に迎える柴犬を探し続けていた日々が今となっては懐かしく思います。

そして、たったの2ヶ月ですが、喜右衛門は我が家に何年も居るような感覚があり、これまた不思議です。もしかしたら”犬時間”の速度と”人間の時間”の生活を飼い主が両立するような生活を送っているからなのかもしれないです。

昨年までの”人間時間”だけしか過ごしてこなかったウン10年間と比べると、時間そのものを大切に、そして有効に使っていこうという意識に変わったのは確かです。

柴犬との生活で変わったこと

喜右衛門を迎えてから変わったこととは、何と言っても「起床時間」と「仕事をする時間」です。

昨年までは朝から夜中、遅い時だと明け方まで仕事をしていて(自営なので)、曜日の感覚や季節の感覚を気にする暇もありませんでしたが、今となっては”朝5時起床、24時までには就寝”という習慣になって、逆に仕事の効率が良くなるという変化がありました!

そして何よりも、ネットや外出先、そして仕事のお客様を通じて”我が家の犬の話”をして情報を共有したりすることによって、人の優しさや親切心をさらに感じられ、ハッピーでございます!

 

犬から教えてもらうことがたくさんある

”犬を飼う”ことは、犬が人間の生活に慣れる必要があるだけではなくて、人間も犬の生活を知っていくことが何よりも大事なのは当然のお話だと思うのですが、犬の習性や犬自身の生活や好きなことや嫌いなことを理解していく意識に変えてみました。

そうすると、毎日の全ての物事において”なんであの時こうしなかったんだろうなぁ〜”という考えから”次はこうしていけばいいかも!””これはきっとダメなことだから別の方法に変えてみよう!”という考えがまず先にできるようになりました!

と書くと今までができていないようなイメージですが笑、仕事に追われ、納期に追われ笑、という”時間に追われる”生活をしてきたので、”時間を追う”ことができる今になってようやっと意識の切り替えができるようになりました!

これは、喜右衛門が来てくれてから教えてもらい、変われることができたことなので感謝しかありませんし、もしかしたらそれを教えるために喜右衛門は飼い主の元にやってきてくれたのかもしれない・・・!

と、勝手に思っています。

「勝手に思っておけばいいぜ」

 

時間を忘れるよりも時間を大切にすること

まさか、柴犬が来てからこのような変化が起きるとは思ってなく、何年も犬を飼う前にネットや本で勉強していた時は”世話をしなきゃいけなくなるから時間を忘れるほどてんやわんやになる覚悟をしなければ”というイメージでかなり力が入っていたのですが、実際には時間そのものを大切にできるのか!と気づきました。

といっても、喜右衛門との生活はまだまだ長く、彼の成長と共にさらに飼い主も成長する必要があります。

先輩ワンコや、喜右衛門と同じ時期くらいに生まれたワンコ達、そしてようやっと成犬期を迎えたワンコ達とのご縁を大切に、そしてこれから出会うワンコ達とのご縁も楽しみにしていきたいと思います!

 

喜右衛門を応援してくださる方は↓のクリックをお願いいたします! 
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ