生後4ヶ月目を迎える前にやれることはやっておこう週間

犬を飼うと本当に生活が激変するのだなということを1日が終わるたびに感じます!何かを変えれば何かが変わることの楽しさや不安の中にある明るい兆しを目指して子犬の犬育奮闘中です!

 

柴犬子犬もそろそろ生後4ヶ月

昨日、3回目のワクチン接種を終え、フィラリアも陰性で体も異常なし!来月から生まれて初めてのフィラリア投与を始めます。

我が家の場合は1回目のワクチンから飼い主側が行ったため、(東京から少し離れた犬舎から譲っていただき、住んでる場所によって何種のワクチンを接種するのが基本なのかわからないため)、来月の狂犬病ワクチン接種後に本格的なお散歩デビューです。

と、他のワンコ達とは少しデビューが遅れますが、今月は我が家の庭デビューと、少しめげそうになってきたので地元の訓練士さんにアドバイスをもらいに行くことを決めました!

生後6ヶ月までが勝負ということで、今まで素人なりに基本的なコマンドのしつけをして一応はできるようになってきましたが、プロの目から見る喜右衛門の気質と長く生活していくためのコツを伝授していただこうかなと。

最初は「自分でなんとかする!」と意気込んでいました。

だがしかし、動物病院の先生が「君は元気が良すぎるねー!あはははは!」と毎回仰られ、「あっ、褒め言葉じゃなくてものすごいオブラートに包んだ言葉で言ってくれているんだ」とようやっと気づいたからです笑。

暴れるわけではないですが、暴れるというか楽しさと恐怖で暴れます。

暴れとるやないかい。

飼い主は不思議に思うのですが、注射と爪切りの処置に入るとなぜか落ち着くのですが、それをやる前に先生にしっぽブンブン振り、「構って!やだ怖い!でもなんか楽しい!」的な大暴れ。

柴犬のオスなのに、とても優しい対応をしてくださる病院なので、それなら来月の狂犬病ワクチン前に少しでも喜右衛門が「君、お利口になったね」と褒めてもらって喜右衛門にも柴犬男子としての自信をつけてもらおうではないかと思い、今月は本格的に取り組んでいきます!

おそらく、喜右衛門は先生のことが大好きだと思います。先生はどう思っているかわかりませんけど・・・。

成犬になる前までに良い方向に持っていくにはどうすればいいだろうと考えました。

2ヶ月間を振り返って見直しをしたこととは

なんだかポジティブ過ぎる飼い主だなと思われがちではありますが、基本的には犬育は楽しいです。でも当然ながらこの2ヶ月間、何度も何度も何度も・・・喜右衛門と向き合うたびに壁にぶち当たっています。

そんな時、ふと知恵袋を覗いたらこんな素敵な言葉を残してる愛犬家の方が。

なにを悲観しているのですか、あなただからその犬はいるのです、他の人ならもっと不幸になっているかも知れません。
あなたの顔を見ているでしょ、あなたが好きなんですよ。

ただ今、ノイローゼ寸前です・・。

ずいぶん昔の質問のようですが、質問者さんのワンコはシニア犬のはず。元気かなと思いながらもこの言葉にえらく感動してしまいました。

犬を飼うと本当に変わってゆく・・・あはは。

で、喜右衛門はまだパピーですし、今は信頼関係を築くための期間でもあるので、しつけトレーニングをガチガチにやっているわけではありませんが、覚えが早いため、できないコマンドはありません。が、この2ヶ月間を振り返って解決する点が出てくるようになりました。

・ハウスの位置が人が行き来する場所が目に入るのでハウスをお引越し

・トイレはハウスとは別の場所に設置しているため、うんちの前に「ドキッ!喜右衛門だけの大運動会」が毎晩開催されるので囲いをセット

その他いろいろありますが、中でも大運動会とガウガウデーを止める方向にしないとなと。

そして「靴下」「紐」の言葉は覚えており、「紐で遊ぼう」「その靴下で遊ぼう」というと持ってきて遊びます。ですが、噛み噛みしてるうちに楽しくなってくるようで、テンションがマックスになり、飼い主に楽しさを伝えたくて勢い余ってガウる喜右衛門がいます。

それを見て、喜右衛門は興奮しやすい気質を持っているのかなということを飼い主は感じ、子犬のうちに穏やかになれるような接し方や環境を再度考え直してみよう!と決意したのです。

まずは実践してみた

ハイパー犬についてを調べてみたのですが、「こうあるべき」「こうだからこうなる」という様々な意見が。ですが、個人的には以下のものがしっくりくるかなと思いました。

  1. Ignore the hyper dog behavior.(興奮している犬の行動は無視する)
  2. Give your dog a job.(犬に仕事を与えましょう)
  3. Go for a dog walk to redirect dog’s high energy.(散歩に出て、犬のエネルギーを転換させましょう)
  4. Check your own energy.(飼い主さん自身のエネルギー(ムード)を確認)
  5. Try out aromatherapy.(アロマセラピーを試してみましょう)

5番は子犬の頃に行っていいものなのかはわからないので横に置いといて、今月は1から4を喜右衛門と一緒に楽しくやっていきたいと思います。

これから気温も高くなり、まだ寒い冬しか過ごしたことがない彼は、初めての春に換毛期を迎え、そしてその次に待ち受けるものは初めての夏です。まだまだこれからですが、今週も頑張ってやっていきます!

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
喜右衛門を応援してくださる方は↑のクリックをお願いいたします!