初めて足を地面につけた柴犬子犬

3回目のワクチンから1週間が経ち、散歩デビューの練習として庭デビューをしました。リードやハーネスをつけると暴れて室内練習が全くできないまま、どうしたもんかと悩んでいたのですが、、、ついに自ら首を差し出してくれたリードがありました。

柴犬子犬が初めて自分の足で外の空気を吸ってみた

早いもので生後4ヶ月です。狂犬病ワクチンが終了し、区に届け出を出した後のGW明けから本格的な散歩デビューとなるのですが、今月は庭で練習の1ヶ月が始まりました。

先月からリードをつけて室内練習をチャレンジしてみたのですが、大暴れをしてしまうので中断せざるをえなく、「このリードなら気にいるかな?」「このハーネスなら気にいるかな?」と色々試してみたものの、喜右衛門さん、全て拒否です!

「これは・・・庭デビューすら危うい」という不安がよぎった3月でしたが、ついに先日なんとか庭デビューをすることができました!

この画像はビビっていそうな雰囲気ですが、実はそうではなく、初めて地面に降りた瞬間から大喜びで駆け回っています。楽しそうです。

彼が駈け回りすぎて写真が全く撮れないのです。

最後の砦で柴犬用の引き綱を使用してみた

色々なリードやらハーネスを入手して装着を試しましたが、どれも嫌がってしまい、全てが無駄になりました。

そんな中、色々調べてみたところ、柴犬用の引き綱にたどり着いたのです。

こちらのショップの引き綱はマグロ漁で使用しているものを使って作っているそうなので、耐久性は抜群です。

・マグロ漁の縄と同じ原料を使用していますので丈夫、とくに摩擦に対して非常に高い強度を有しています。屋外での使用での劣化や表面疲労が少ないので長く安心して使えます。

・引き綱の接続部には材質・強度・機能性の優れているマグロ漁仕様のステンレス回転カンを使用しております。リード単品の接続部は厳選されたナスカンを使用しておりますので機能的に優れております。

喜右衛門は「俺は柴犬の中の柴犬だ」というプライドがありそうな感じ(笑)なので、それなら柴犬のために作られたリードを使用してみようじゃないかと思った次第です。

俺は柴犬だ

しっくりきました。そして怒らず暴れずに首に通してくれました!そして飼い主も持ちやすく、リードの噛み癖があまり出ません。色合いも素敵でおしゃれです。

また、首輪とリードが一体になっているため、首抜けも心配なく、しっかりしてるけどしなやかなので、苦しくなさそうです。

なんだかんだで外デビューもでき、来月の本格的な散歩デビューに向けて少しずつ外の空気に慣らせていこうと思います。

 

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
喜右衛門を応援してくださる方は↑のクリックをお願いいたします!