【もしもの時のために】ペット保険、どうする!?

お散歩をしている時に、同級生の飼い主さんや日本犬の飼い主さんとの情報交換やアドバイスをいただくことが多く、喜右衛門がより楽しく犬生を過ごせるための参考にさせていただくことがたくさんあります。

その中で、「ペット保険」についての話題が出るようになりました。

飼う前から入念に調べているのですが・・・

喜右衛門が我が家にやってくる前から、色々なペット保険を調べていて、資料だけは請求しています。資料だけなのですが・・・。世の中でこんなにペットのための保険があるなんて、犬を飼わなければ知らないままだったなぁと、当たり前ですが感じています。

散歩中の犬友に聞いてみた

喜右衛門と同級生の子の飼い主さんと話す内容は必ず「ペット保険をどうするか」です。あくまでも飼い主の最終的な判断が必要なのですが、「まだ入っていない」「検討中」という意見がほとんどで、その理由としては、ワクチンや去勢手術などは保険適用外なので、「最初のうちに入ってもあまり意味がないかも・・・」と思う方がほとんどでした。

しかし、ペットショップのワンコを迎えた方は同時に入った保険をそのまま継続しているという方もいらっしゃり、我が家に迎えた経路によって異なる。という結論に至りました。

日本犬のベテラン飼い主さんに聞いてみた

お散歩中に喜右衛門の教育係としてガウガウしてくれている先輩日本犬の飼い主さんにも聞いてみたところ、ちょっと良さそうな情報が!

「火災保険や自動車保険に付帯している自賠責に入っている」というものです。

病院にかかるのは結局薬だけを出されることが多く、日本犬の場合は疾病自賠責の方を考えないといけないというご自身の経験をお話ししてくれて、なるほどなと思いました。

ペット保険の自賠責とそれ以外の自賠責の違い

ペット保険にも自賠責への加入が可能なので、当初は一石二鳥ではないかと思っていたのですが、自宅で火災保険にすでに入っているため、プラスで自賠責に入る方向で考えているのですが・・・ですが、やはり喜右衛門の長い犬生を考えると、もしもの時の疾病があったらなぁ・・・と、結局迷ったままなのですが笑、ペット保険の自賠責とそれ以外の保険の自賠責の違いってなんだろうと思ったので調べてみたのですが、

ペット保険の自賠責・・・相手との交渉ややり取りは自分でやってください

それ以外の保険の自賠責・・・何かが起きた時に保険会社として動きます

むむむむ・・・結果として両方入っておいた方が安心できるわけで・・・完璧なものを一つのものに求めても、どんなものにもメリットデメリットがあるから世の中にはいろんな商品が出ているわけで・・・。悩みます。

もう少し考えて、色々な飼い主さんの情報をいただいた上で決めたいと思います!!!