【いつまで続くの!?】子犬の換毛期

2018年6月23日

最近気がついたのですが、「柴犬子犬 換毛期」という検索ワードでこちらにたどり着く方が多いようでして、そういえば換毛期についてのことって2回ぐらいしか書いていなかったなと思い、今回は換毛期について!です。

まだまだ抜けてます!

ふわふわの毛から大人の毛になりつつある

 

現在も換毛期真っ最中の様子である喜右衛門くんですが、換毛期についてのことを書いたのが数ヶ月前でした。

 

あれから3ヶ月ほどが経ち、現在もまだまだ抜けています。最初の頃と変わってきたのは、抜け毛の量がかなり減ったことです。当たり前ですけど・・・。

1回のブラッシングで取れる量は少なくなりつつありますが・・・

柴犬は抜け毛がすごい犬種と言われているけども、そもそも犬は毛で覆われているので常に毛が抜ける生き物なので、特に苦痛だとは感じていないのですが、これも子犬の体型だから故の感想なんだろうなと、秋の換毛期ではきっと泣いているかもなと思います笑

 

ブラッシングは1日15分を毎日

我が家ではブラッシングは1日15分を毎日やってます。と言っても、特に決めたわけではなく、自然にその流れになりました。

我が家の喜右衛門も最初の頃はブラッシングをとっっっても嫌がり、最初のうちは体をなかなか触らせてくれなかったのですが、夜ご飯→チーズスティックの時間という彼のルーチンワークがいつのまにか出来上がり、チーズスティックの時間にブラッシングをするようにしていたら、それが習慣になりました。

今では「毛を抜く時間だ」という指示があります汗。

 

シリコンブラシはやっぱり良い!

ブラッシングをするグッズは色々なものを使用してみましたが、最終的に使い勝手が良くて喜右衛門が気持ち良さそうにしているのは、シリコンブラシでした。

トレルンダ君

スリッカーや獣毛ブラシを使ってみたものの、喜右衛門があんまり心地よくなさそうな合図を送ってきていて、下手に使い続けて皮膚に影響があるのも嫌だなと思っていて、シリコンブラシであれば、肌に直接刺さるようなものもないし、シャンプーの時に使えるので現在はこれに落ち着きました。

 

我が家の場合、色々使用してきたグッズの中でシリコンブラシが一番毛が取れます。ブラシについた毛も簡単に取れるのでとても便利です。

 

換毛期の食事について

換毛期の最初の頃は明らかに普段よりも食欲がすごいなと感じていたのですが、現在はいつも通りの食いしん坊レベルに落ち着いてきています。

「タンパク質を普段よりも積極的に取った方が良い」というものを真に受けて食事でそうしてましたが、たまに行っている室内ドッグランのトレーナーさんに聞いてみたのですが、「タンパク質は必要だけど、換毛期だからといって普段よりも摂るという解釈は違う」といったことを教えていただいてからは、摂取するものを気にしすぎず、食事を与えています。

 

まだまだ続きそうな換毛期を乗り切ろう!

換毛期は7月頃までがピークと言われているようなのでまだまだごっそり抜けるかと思いますが、年がら年中毛は抜けるので、常日頃からブラッシングをしてこまめに古い毛や抜け毛を取って、喜右衛門が快適に過ごせるようにしていこうと思います!