【犬にとっても辛い季節】夏に向けての熱中症対策

犬にとって一番辛い夏がもうすぐやってきます。今日は33度まで気温が上がる予報が出ている東京です。朝のお散歩の時間帯でもムシムシそしてジリジリと太陽が照りつけて喜右衛門も少し暑そうでした!今年はなんだか暑い日が始まるのが早い気がします。

生まれて初めての夏を迎える喜右衛門のために我が家では熱中症対策グッズを揃えています。今回は使用している熱中症対策グッズとその他おすすめ&人気のグッズも併せてご紹介します!

 

 

犬の熱中症について

犬は全身が毛で覆われており、そして体温調節機能としての汗腺が肉球にしかないと言われています。そのため暑さを感じると舌を出して「ハァハァ」と呼吸を行なって体温を下げようとします。

つまり、犬にとって体温調節はほとんどが呼吸に頼るため、人間と比べると高温多湿の環境が苦手とされています。そのため、夏に水分を十分に摂取できなかったり、おしっこを我慢してしまうと熱中症の原因を引き起こしてしまいます。

 

 

犬の熱中症の症状

犬の体温の平均は38.5度と言われていますが、熱中症になると体温が40度以上に上昇して以下のような症状が出ます。

・口を大きく開けて呼吸をする

・よだれを大量に出す

・嘔吐や下痢

・目や口の中の粘膜が充血する(赤い煉瓦色)

さらに症状が進行すると、意識が朦朧となり痙攣、血尿、チアノーゼなどの重篤な状況となり、最悪の場合は命に関わる危険があります。

犬が熱中症になる原因として、仕事や外出のため、閉め切った室内で留守番をさせている時や暑い日に太陽が高い時間帯に室外に出して直射日光を浴びたり、コンクリートの上を歩いて強い照り返しを受けた時に起こりやすいとされており、犬の体温が上がらないような工夫をすることが大切です。

症状が出たらまずは病院に連れて行くことが絶対必要ですが、応急処置として体全身に水をかけたり、水分補給をこまめに行うこと、そしてお散歩の時間は日中を避けて比較的涼しい早朝や夕方〜夜にかけての時間帯に行うなどの飼い主側の対策が必要ですね!

 

我が家で行なっている熱中症対策

喜右衛門は成長期真っ最中のため、元気に動き回りますが体の機能がまだ完全に発達していないので、体温調節が成犬に比べて上手にできません。

そのため、少しでも暑さを緩和したり、体温調節をサポートできるように熱中症対策のグッズを使用しています。

犬用ひんやりマット

 

 

犬用ひんやりマットは冷却ジェルが入っているマットです。犬がこのマットの上に乗ると接触冷感を感じられてひんやりと気持ち良く、体温を6度から8度ほどまで下げることができるとのことだったので購入しました!

何でもかんでもかじってしまうのですが、このマットだけは最初から乗って気持ち良さそうにしています。

 

ニトリさんの枕カバーに入れて使用しています

このサイズは、使用しているニトリさんのNクールベッドのLサイズの中にちょうど入るので、ベッドの底部分に敷いています。

冷蔵庫に入れておくとさらにひんやりするので、同じものを2つ購入して1つがぬるくなったら取り替えてもう一つを冷蔵庫に入れておくということをしています。

 

 

ペットスエット

 

お散歩の時の水分補給として飲ませています。公園の水道を飲まないため、今まではヤギミルクを水で薄めたものを作って持って行ったのですが、夏の暑い時期だけは犬用ポカリを飲ませたほうがいいかなと思って購入してみました。

ヨーグルト風味で嗜好性が高いらしく、散歩中にあまり水分補給をしなかったのですがこれを与えるとゴクゴク飲みます。念のため水で少し薄めて飲ませています。

 

首もと冷んやりクールネック・クールバンダナ

 

 

 

首輪・ハーネス専門店のすず首輪製作工房さんが製作して販売している商品です。バンダナ柄が可愛いなと思ってほぼ一目惚れで購入したのですが、デザインだけではなく、機能性もバッチリです。

喜右衛門は2号を使用していて、付属している保冷剤は有害物質が入っていない成分でできているもので、もし犬が食べてしまっても大丈夫とのこと。

 

喜右衛門はネイビーのバンダナ柄です!

首元はこんな感じ

 

ベルト部分はとてもつけやすくてサイズ調節も首につけながら簡単にできる素材になっているので、気温が高い日のお散歩中の必須アイテムになっています。

難点としては、気温が高すぎる日はどうしても保冷剤の溶ける時間が早くなります。29度の予報の日の夕方の散歩の時に使用したら、30分で溶けました。

バンダナの中に入っている保冷剤が水の状態になり、首周りが重くなってしまうので、完全に溶けてぬるくなったら外すようにしています。

 

その他色々な種類の柄があるようなので、お好みで選んでみるのも良いかもです!

 

犬の熱中症対策・手作り編

様々な熱中症対策グッズが販売されていますが、家にあるもので熱中症対策も合わせてやってみています!

 

ペットボトルクーラー

 

これはケージの屋根部分なのですが、空のペットボトルに水を入れて凍らせたものを屋根に乗せ、さらにこの上に布を被せて横から扇風機をベビー風にして冷気をケージに送っています。

「ものすごく昔の冷蔵庫」って氷を上の段に置いて冷気で食べ物を冷やしていたかと思うのですが、その原理を応用しています。

動物を飼っている方はほとんどやっている方法かもしれませんが、これはなかなか役に立っているようで、実際に冷気がケージの下に行っているらしく、涼しそうにしています。

 

 

飼い主ができる限りの対策を行ってワンコを熱中症から守ろう!

本格的に暑くなってきたらエアコンで室内を冷やすことが必要ですが、冷房病やエアコンを掃除してもちょっとしたホコリや匂いに犬が敏感になってしまうことが心配なので、エアコンだけに頼らずに対策できる方法を色々考えながら我が家ではやっています!

夏は人間にとっても動物にとっても辛い季節ですが、一緒に乗り切って生活していこうと思います!

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村