猛暑の1週間

2018年8月4日

暑すぎて人間も犬もヘロヘロですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

喜右衛門もあと半月で生後8ヶ月を迎えますが、ここ最近ようやっと夏毛が増え、抱きかかえるとずっしりと重いですが、見た目は「ほっそりしたね!」と言われるようになりました。

我が家の犬の猛暑の過ごし方

昼間は危険な暑さのため、喜右衛門がいる部屋でコツコツと仕事をしているのですが、クーラーをつけっぱなしにしているのですが、昼の夏場は外に遊びに行けずに暇なのか、大抵は飼い主の仕事の邪魔をしてきます。

「アッヒャー!遊ぼうー!アッヒャー!」

・・・。まぁいいけど。

この妨害工作が失敗したと感じると、翌日は直接抗議をしてきます。

「おい、遊べや」

人が仕事に集中している時に限ってこのような態度を取ってきます。おそらく、自分以外のことに目を向けられると嫌なのでしょう。

しかし、飼い主が遊びに誘うと完全にスルーします。

「ごめん、今眠いからまた後で」

あははは・・・。

これが世間でいう「反抗期」なのでしょうか。反抗期にしては攻撃的ではないのでただのマイペースな性格なんだろうなと思って観察をしています。

反抗期を覚悟していた

色々な媒体や周りからの話を聞くと「反抗期は自我が芽生えているからすごいよ!」という反応ばかりだったので、大人になるための成長過程だと思い、覚悟をしていたのですが、散歩もかなり歩くのが上手になり、リーダーウォークも少しずつできてきているし、家でも妨害以外は随分と大人しいんだよな・・・。

と、覚悟していた気持ちが拍子抜けしてしまったため、今は逆の悩みが出てしまったのですが、喜右衛門を観察してきて相当なマイペースだということをだんだん把握できてきたので、これが反抗期だとしても、これはこれで良しとします!

あともう少しだけ猛暑日が続くようですが、来週はまた台風が来るそうなので、色々な対策万全で過ごしていきましょー!