【テンションが低い喜右衛門】ぐずついたお天気の時のお散歩

飼い主のみみずんの仕事があたふたしている様子を見ながらも、ぐずついた天気で少しご機嫌斜めな我が家の喜右衛門。

お散歩大好きな喜右衛門としては、不本意なことが多いようです。

ぐずついた天気の時の喜右衛門のテンション

 

「誰もいないし、なんか天気悪いし、でも帰りたくないし・・・」

 

いつもの「きーちゃんスマイル」もこの通り、目がうつろです笑。

雨の日や雨の日の翌日そして降ったり止んだりの日は、公園の道がぬかるんでいたりして他のお友達は公園でお散歩をしている子があまりいません。

そのため、喜右衛門はただ淡々と匂い嗅ぎ&飼い主に話しかけられて反応しかできないので、ちょっとだけストレスが溜まりやすくなります。

そして、いつものコースから違うコースに変更をしよう!と思い、行き慣れない場所に連れて行くと、少し暴れ犬になり、結局強制抱っこで元の場所へ・・・

と、秋の長雨が早く終わらないかな・・・と願う飼い主です。

 

雨の日も散歩に行くのは柴犬だけ!?

近所の柴犬仲間に、「雨の日にお散歩してるのって・・・柴犬だけだよね・・・」ということを言われ、確かに・・・と思いました。

喜右衛門は家でおしっこもウンチもしなくなり、外でしかしないのでしょうがないなと思いながら雨の日に散歩をするのですが、他の柴犬も家でトイレをしない子が多く、同じような悩みを抱えているようでした。

多分、柴犬だけではなく、他の中型犬や大型犬の子たちは雨だろうが風だろうがお散歩に行くとは思うんですが、同じ柴犬を飼っている当ブログの読者様は同じ悩みを抱えているのでしょうか!?

 

レインコートを着用せずに雨の中を歩く男・それが喜右衛門

 

喜右衛門
レインコートやだ。着たくない。理由はただそれだけ。

 

 

一応、中型犬用のシンプルなデザインのレインコートというものは手元にあるのですが、当然ながら着用を断固拒否するのが喜右衛門なので笑、仕方なく裸のまんま雨の日の散歩をします。

他の犬種の子はきちんと着用してルンルンで散歩をしているのですが、喜右衛門は雨の中淡々と歩く男らしさがあるようで・・・飼い主はものすごくダサいレインコートを着用して一緒に歩くというなんとも言えない光景があります。

本当は・・・可愛いレインコートを着て楽しく散歩とかしてみたいんだよなぁ・・・とは思っているのですが、それもまだまだ先の話だし、喜右衛門が嫌ならいいや!と思いながらも、可愛いレインコートを探す飼い主。

 

可愛いー!これ欲しい!でもきっと着用拒否ー!

 

と、今日は東京は曇り空ですが、散歩はしっかりできそうですので昼んぽ行ってきまーす!