袴毛ボーボーな柴犬 喜右衛門

2019年5月19日


喜右衛門のYoutubeチャンネルを開設しました。

 

 

チャンネル登録よろしくお願いします!

 

SNSもやってます。

Twitter:@shibainukiemon

Instagram:shiba_dog_named_kiemon


 

うちの子、ボーボーなんです

 

本日は2日ぶりの晴れでした。

鬱憤が溜まっていた喜右衛門は午前中3時間、夕方は2時間の散歩をしました。

いつも喜右衛門が嬉しそうにお散歩をしている後ろ姿を見ていて、以前より一つだけ気になることがあります。

 

袴毛がボーボーです。

 

 

場所と角度を変えて撮影を試みてみましたが、やはりボーボーです(当たり前)

喜右衛門は月に2回、自宅でシャンプーをしていて、今までトリミングサロンに行ったことがありません。

「暖かくなったら行こう」とか「次の換毛期で行こう」と常に思っているのですが、結局行かずじまいなんです。

というのも、私の地元は「柴犬出禁」のサロンが多いという話をよく聞いていて(ペットホテルも同様です)、実際に電話をしただけの飼い主さんが犬種を言っただけなのにけちょんけちょんに言われてすごくショックだったという体験もされている方がいます。

これはよく聞く話なので問い合わせをする以前に諦めてます。でも仕方ないです。お店の方針が柴犬NGであればNGなんです。

そういう経緯もあり、結果袴毛ボーボーです。

飼い主の気持ちより、まず喜右衛門が袴毛ボーボーで不都合があるのかをずっと観察しているのですが、答えはもちろん出ません。

 

本当に必要なのか

飼い主的に「袴毛ボーボーをみて私は何を思うのか」ということを中心に考えてみました。

「見た目が悪い」とか「ボーボーで恥ずかしい」ということではなく、「喜右衛門自身がボーボーで不都合があるのかどうか」ということと、「自宅のケアで不十分なところがあるか」ということです。

毎日彼を観察しているのですが、もちろん答えは出ず。

そして、ブラッシングは毎日、お風呂では薬用シャンプー+コンディショナー+皮膚疾患予防の沐浴をしているのですが、外耳炎以外は未だ皮膚そのものに何かのトラブルが起きたということはありません。

それでもサロンに連れて行くとしたら、どんな理由があるか?ということ。

それは、換毛期の時期にはプロにやってもらった方が良いのではないかということです。

仕上がりだけではなく、皮膚トラブルを避けるためだったり、体調面にも気付けたりなどの「未然に防ぐ」ということが増えると思うからなのです。

 

そんなことを言っても地元は「柴出禁」が多い現実。

 

ここ最近の悩みではありますが、出禁ではないところを探してみたいと思いますっ!!!