喜右衛門の成長と柴犬の尻尾について

2019年5月19日

 

本日はなかなかいい感じの風が吹いて涼しく感じた東京都です。明日は選挙らしいですが、喜右衛門が選挙カーが通るたびに吠えまくっていた1週間でした(-。-;

 

「柴犬 喜右衛門に清き1枚(ビスケット)をお願いします」

 

そろそろ喜右衛門の成長は止まったかな?

 

今月で1歳4ヶ月になり、だいぶ落ち着きを見せてきています。

それ以外に体の成長ももうこれ以上は大きくならないだろうと思っていますが、なんだか微妙に体が日に日に大きさを増しているような気が。

 

個体によっては1歳半頃に成長のラストスパートが起きることもあるそうな。

 

確か、日保は2歳半を「成犬」としているので、それで計算をすれば喜右衛門はまだまだ「若2」です。まだまだ育ち盛りですね。

 

現時点で13.9kgあるのですが、周りからは15kgクラスになりそうだねと言われています。

 

「そんなにあるの!?」と必ず言われるのですが、あるんです。ハーネスも横から見ると胸板厚すぎてピッチピチ感(実際は余裕がある)があるし、お尻の筋肉がゴリマッチョ風な感じになっております。

 

体高が58cmほどあって横ではなく縦に大きいので、実際見ると「巨柴」です。

 

「抱っこ」なんぞもうとっくにできておりません笑。

 

飼い主の個人的な希望としては、13kgジャストまで落としたいなと思っていまして・・・現在ゆるくダイエットを開始しているところです。

 

2ヶ月後からの壮犬期の1年間でどれだけ変化があるのか、そして最終的にどのような仕上がりになるのか、とても楽しみです。

 

余談ですが、喜右衛門のお父ちゃんが最近展覧会に初チャレンジして初入賞したようでして、骨格の大きさと胸板の厚さはお父ちゃんと瓜二つだから、今以上にゴリマッチョになりそうな予感!

 

喜右衛門の尻尾のことについて

 

世間一般の柴犬のイメージは、「くるんと丸まった尻尾」ですが、喜右衛門の尻尾はと巻かれていません。

 

気づかれた方はいらっしゃるかな?

 

「首の部分は肉じゃないの被毛なの」

 

柴飼いの方であればご存知だと思うのですが、柴犬の尻尾というのは15種類あります。

 

 

上の記事には基本の9種類しか入ってないのですが、本当は15種類らしい。

喜右衛門の尻尾は写真だけで判断すれば「差尾」だと思うのですが、先端の一部分だけが微妙に左に巻かれているところがあり、飼い主も判断ができないです。

 

 

尻尾の巻きで犬の気質が分かるって本当!?

 

 

よく聞く話なのですが、「尻尾の巻きが強いほど気が強い」という諸説です。

逆に巻きがあまい子はのんびり屋で穏やかな子とのこと。

 

なんだか占いみたいですね・・・。

 

これを喜右衛門に当てはめると、のんびり屋ではあるけど、まだ若い犬だし基本は超ハイパー犬だけどなぁ・・・。

ということでこの見解は腑に落ちないところが多いので、とりあえず今後の成長の参考程度に留めます!!!

 

柴犬はそれぞれ全く違う個性を持っているところが最大の魅力

 

柴犬は顔つきやマズルの長さだけではなく、尻尾も被毛もその子によって全く違うので、どの子も個性があって本当に魅力的な犬種だと感じます。

飼い主的に嬉しいのは「うちで昔飼っていた柴犬に似てる!」とか「うちで飼ってた柴犬はこのタイプだった!」ということを散歩中にたまに言われることです。

喜右衛門を通じてその人が共にに暮らした柴犬とのいろんな思い出が蘇るようで、悲しいというよりも嬉しいとよく言われることが飼い主は嬉しいのです。

 

やっぱり、犬って最高!

 

柴犬最高!

 


喜右衛門のYoutubeチャンネルを開設しています。

 

超不定期のアップですが、チャンネル登録よろしくお願いします!

 

SNSもやってます。

Twitter:@shibainukiemon

Instagram:shiba_dog_named_kiemon

 

柴犬 喜右衛門の応援をよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ