不完全な菜々緒ポーズをする喜右衛門

2019年5月19日

GWはいつの話やら、社会が普通に戻ってからもう1週間以上経ちます。飼い主も通常モードに戻り、溜め込んでいた仕事をしながら喜右衛門とわちゃわちゃしています。

そして、だんだんと上がってきている気温とあと少しでやってくる梅雨の時期。喜右衛門は犬生2回目の季節ですが、今年も何事もなく無事に過ぎてほしいと強く思っています!!!

 

相変わらずロング散歩大好き!

元号も令和に変わり、GWも終わりましたが、喜右衛門は相も変わらず元気で、いっぱいお散歩をして色々なものを見て、色々な匂いを嗅ぎ、色々なお友達との出会いをしている毎日です。

 

満開のツツジの前で満面の笑顔

 

そして、たまに行く公園では噴水の季節が始まり、喜右衛門にとっても初めての噴水を体験。

 

噴水の前で会心の笑顔

 

そしてそして、遠くの方で豆柴君を発見し、ダッシュで向かって大いに遊んだり。

 

お友達のパパさんカメラを前にもぎたての笑顔

 

1年前の今頃は「お散歩好きになってくれるかな?」とか「お友達たくさんできるかな?」などなど不安で不安で仕方なかったのですが、今となってはその不安や心配は取り越し苦労でした。

最近、喜右衛門よりも年下の子がお散歩デビューをしていて、飼い主さんが同じような事を口にしているのですが、「あぁ、こんな時期あったなぁ・・・」としみじみ感じます。

喜右衛門は15日でやっと1歳5ヶ月になりますが、飼い主の感覚的にはもう何年も一緒にいる感じがします。

 

最近覚えた謎のポーズ・”不完全な菜々緒ポーズ”

 

と、普段と変わらない毎日を過ごせることに感謝をしつつ、これからは今以上に喜右衛門と楽しい日々を過ごしたいと思っているのですが、この何も変わらない日々の中で、喜右衛門が不思議なポーズを取ることがあります。

 

名付けて”不完全な菜々緒ポーズ”です。

 

この画像を壁紙にすると恋愛運がアップします!!!(大嘘)

 

確か喜右衛門は男の子だったような気がしますが笑、1歳を過ぎた頃から木の枝をガジガジする時、木の枝が長くて「ふせ」の状態でガジガジできないとこのようなポーズをとって木の枝を短くします。

いわゆる横着・・・!?

最初は不思議に思ったり、「どこか悪いのでは?」という過保護な気持ちにもなったりしていたのですが、お友達のママさん曰く、

「脚が長いからどうしてもこのポーズじゃないとガジガジできないのではないか」

とのこと。

 

確かに、喜右衛門は柴犬の中では脚が長いのです。

だから体が大きな柴犬なのです。

胴長で足長で男前な顔。

我が愛犬はハイスペックな外見を持っている!!!

それにしても、不完全すぎる菜々緒ポーズです。

 


 

喜右衛門のYoutubeチャンネルを開設しています。

 

超不定期&気まぐれアップですが、チャンネル登録よろしくお願いします!

 

SNSもやってます。

Twitter:@shibainukiemon

Instagram:shiba_dog_named_kiemon

 

柴犬 喜右衛門の応援をよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ