突然始まる「柴ダッシュ」が続いた原因を考えていました

2019年8月28日

気がついたらお散歩で日に焼けていたことに気づきました。

そういえば昨年の猛暑の時のお散歩に安物の麦わら「風」帽子をかぶっていたら、頭に熱がこもって熱中症っぽくなったので、かぶるなら本物の麦わら帽子の方が良いと思いました。

犬もそうですが、飼い主も熱中症対策をした上でこれから暑くなる季節も楽しくお散歩をしたいですね!

したいのですが、

ここ数日、喜右衛門の様子がかなーりおかしく、飼い主はかなーり深刻に悩んでいたのです。

「ブログの更新が滞っている時は飼い主悩んでる」のです笑

 

前触れもなく突然ダッシュで家に帰る喜右衛門

 

「今日はここで折り返して帰ります」

実は、だいぶ前からたまーにあったことなのですが、毎日の朝の散歩コースはだいたい決まっているのです。

が、

特に何かがあったわけでもないのに、何かを思い出したように飼い主を引っ張りながら自宅に帰ることがあるのです。

しかも、猛ダッシュどころじゃなくてこの世の終わりみたいな顔をしながらの爆走で。

私は突然の出来事に「どうしたの?」「どこか悪いの?」と言うのですが、だいたい声をかけると止まったりしてくれるのですが、爆走してる時は話も聞かずに「いいから早く家に帰るぞ!」と言わんばかりにグイグイ引っ張るのです。

そして、家の隅っこに座って呼吸を整え、落ち着いたら爆睡するのです。

月に数回あるかないか程度なのですが、何か怖いものがあったとかそういうものでもなく、誰かに何かをされたとかということでもなく、それまでは「散歩楽しい〜」みたいな顔をしながら歩いているのですが、本当に突然なのです。

色々考えたり調べたりしたのですが、冷静に考えてみてどこか悪かったら爆走なんかできるわけがないし、ちゃんとウンチもおしっこも出し切ってるし、お腹を下しているわけでもないし、なんだろうなぁ・・・と思っていて、ここ最近はこの行動が全くなかったので忘れていたのです。

しかし、久しぶりにまた爆走が始まったので、飼い主はまた悩んでしまったのです。

 

爆走の原因を推測してみた

 

ほとんど思い当たるフシがなく、でもこの時だけは尻尾がダラーンと垂れながら爆走するので、喜右衛門的に「何か怖いことが突然起きた」はずなので、本当に色々考えてみたのです。

それで、飼い主が予測したものは、

  • 気温または湿度の変化
  • 家に帰って寝たい
  • お腹が空いている

これしか思いつかなかったのですが、なんだかしっくりこないのです。

というのも、いつも行く広い公園まではものすごく楽しそうに行くし、目的地では楽しそうに芝生を駆け抜けるのです。

でも、その公園を歩いてる途中で突然豹変するのです。

午前中はほぼ人もいないし、障害物もないし・・・なんだろうなぁ・・・とずっと思っていたのですが、1つ思い当たるフシがあるんです。

 

これしかない!潮の満ち引き

 

この毎日行く公園というのは、実は「海浜公園」でして、潮干狩りなんかもできる大きな海岸(人口だけど)になってるのです。

それで、爆走をした数日間、私は「なんだか随分と潮が引いてるなぁ〜潮干狩りに最適だね!」と思った日だったのを思い出しました。

「も・し・や!」と思い、喜右衛門がこの公園に到着して突然爆走を始めた日の「潮汐表・潮見表」を確認してみたところ、この日は干満差が大きかった日でした!

それ以外の日も調べてみたのですが、全部ドンピシャ!!!

 

振り返ってみれば、爆走しない日でも、なぜかいつも夕方に行く方角のコースを行きたがったりしていて、私は「その日の気分的なものなんだろうなぁ」なんて思いながら過ごしていたのですが、これしかない。

 

一度、ドッグランに行った時も突然大爆走してものすごく疲れた(家からかなり距離がある)日があって、ドッグランももろ海沿いにあり、調べてみたらめっちゃ引き潮!!!

他の地区の海沿いに住んでいるワンコが必ずしもそうなのかは分かりませんが、獣医の先生から「きーちゃんは一つのものこだわるだけじゃなくて、色々何かを感じやすい子だと思う」とずっと言われていることもあり、理由としてはこれしか考えられないのです。

 

ちょっとしたアレ系な柴犬なのではと思っている飼い主

爆走帰宅後に落ち着いてくるとこんな感じ

 

お友達のママさんで犬の気持ちを鋭く分析できる方がいて、「喜右衛門が遠くを見ながら尻尾を下ろし始めた時は絶対そっちに行かないようにしてる笑」と言われることがあって、最初はなんじゃそりゃと思ったのですが、獣医の先生もそうだし、このママさんも同じようなことを言うので、ひょっとしたらスピ系柴犬なんじゃないかって苦笑。

飼い主はちょっと理解できない世界観ではあるのですが、潮の満ち引きというのは、満ちている=やってくる、引く=去っていくですので、これって生命とか死生観に置き換えることもできるなと思ったのでございます。出産も潮の満ち引きって関係したりするっていう説もあるし。

 

そう考えると、喜右衛門の生命力ってどんだけええええええ!と思ったりします。

もちろん、人間もそうですが、動物は「生き伸びる」ということが大事なのは当然ですが、喜右衛門の場合は特に「生を全うする」ことへの決意とか覚悟が誰よりもあるのではないかなと感じることはしばしばあるのです。

喜右衛門
信じるか信じないかはあなた次第☆

 

・・・ちょっと変な話になってしまいましたが、結論としては「引き潮の時は逆方向の散歩にする」ということをして爆走を防いでいきます!

 


 

喜右衛門のYoutubeチャンネルを開設しています。

チャンネル登録よろしくお願いします!

SNSもやってます。

Twitter:@shibainukiemon

Instagram:shiba_dog_named_kiemon